連紹介

さぬき踊らんな連は香川県を中心とした地域からよさこい好き踊り好きが集まったチームです。「楽しく、がんばる」を目指して、運営を続けています。是非ご愛好のほどよろしくお願いします。

さぬき踊らんな連について

さぬき踊らんな連は、毎年8月に高知で開催される「高知よさこい祭り」に参加することを目的に、西讃地区(観音寺三豊)を中心に、祭り好き踊り好きが集い、1994年に結成しました。現在メンバーは愛媛東予そして香川全域へ広がり、連続で「よさこい祭り」に出場しています。20年、25年、30年とそんな未来に向けての第一歩を歩み始めました。地元では、各地で開催されるお祭りや、各種イベントへの踊る一方、銭形よさこいの運営に関わるなど「よさこい祭り」を通して、地域社会に対する文化的貢献の役割を果たしてきています。

 

  さぬき踊らんな連について。   



兄弟連 お喜楽家

「お喜楽家」は高知のよさこい祭りや観音寺市を中心とした地元のお祭りに参加する団体である。お喜楽家の『や』は『屋』ではなく、『家』である。お喜楽家は単なる『よさこいチーム』ではなく、『家族』であることを表している。お喜楽家が一番大切にしていることとは・・・『踊りをうまく踊ることよりも、祭りそのものを心から楽しむこと』である。

  お喜楽家について。



踊り・衣装・楽曲について

さぬき踊らんな連は毎年新しい「踊り」「衣装」「楽曲」を発表しています。
毎年、新鮮であっと驚く作品を作りたいと思っています。
内容はスタッフが集まって会議をして、構想を練り、プロの先生に相談して作成します。
常に新しいものに挑戦していくのが「さぬき踊らんな連」です。

  衣装・踊り・楽曲について。



  

参加イベントについて

  

さぬき踊らんな連はよさこい祭りに参加することを主目的にしている連です。
しかし、地元香川県でもよさこいの楽しさや踊りを通して人間の成長のお手伝いを出来ればと、毎年多くのイベントに参加させていただいています。
年度によって異なりますが、約30位のイベントに参加しています。
がんばって覚えた踊りを多くの場所で発表できるのも「さぬき踊らんな連」の魅力です。   

イベントについて。   



  

チーム運営について

  

さぬき踊らんな連の運営は「スタッフ」と呼ばれる有志によって運営されています。
スタッフは100%ボランティアで、高い志を持った仲間で結成させています。
「さぬき踊らんな連」はどこの団体や企業にも属さないノンスポンサー連です。チーム自身の努力で100%運営することを目標にしています。
そのため、連への参加費やイベントの出演料で高知のよさこい祭りに参加しています。   

   チーム運営について。