さぬきよさこい振興会

さぬきよさこい振興会とは? 当組織は、「さぬきよさこい振興会(通称=ヤネックス)」と称する。 さぬき踊らんな連と、お喜楽家を中心とした複数踊り連の永続・交流・活性を願い、目的とする統括組織である。 その活動により、高知よさこい祭りはもとより、地元を中心とした地域に対して、お祭りや、イベントを通じ人的、 文化的な側面での友好的な貢献に繋げようとするものである。 この組織は、さぬき踊らんな連とお喜楽家双方より、スタッフである薄谷司郎、大倉章申、川西啓三、津田拓志、 中田晴順、中村敏也、松岡昭伸(50音順)の7名により創設され、その創設意志は以下の通りである。 10年の活動を迎えるさぬき踊らんな連。そのきょうだい連として繋がりを持ちながら誕生したお喜楽家、 この両連が互いに良い関係を保ちつつ又、対外的にも発展し友好の輪を広げる為に存在するものである。 その性格は規律と理性を常とする。 具体的な活動方針は、振興と保存を2大方針とする。その2大活動方針それぞれに、永続性、活性化、 そして交流の働きを3大要素と定めている。

OSAKOI CTIVE  ETWORK EXPEDITION  ⇒ YANEX 

振興活動

・攻のイメージ
・連を発展させる為の活動

2大活動方針

保存活動

・守のイメージ
・連を永く続ける為の活動

・よさこい祭りの普及活動
・他団体との交流

永続性の働

・連長とスタッフの認定と人事権を持つ
・連長の基本方針の調整と決定権を持つ
・各連の名簿データの管理

・さぬき踊らんな連とお喜楽家両連のスタッフ会議へのYANEXメンバーのオブザーバー参加と参考意見の提言
・組織規則の改訂と決定

活性の働

・各連の活動の向上を援助する
・有効な情報の収集とそれによるアドバイス
・各連の協同、協力による運営作業の効率化
備品等の一括購入による低予算化

・他団体との協同イベントの企画、開催

交流の働

さぬき踊らんな連とお喜楽家 ・両連のきょうだい連の関係確立
・連絡会議・交流イベントの実施
・共同イベント・周年事業の協力開催
・YANEX内部での新年度入会についての優遇性




 

銭形よさこいの運営

銭形よさこい  

観音寺の夏の風物詩となっている銭型よさこいは「さぬき踊らんな連」と「お喜楽家」が中心となり「ヤネックス」が中心になり運営しています。
初めての開催より10年が経ち、西讃地区を代表する祭りとなりました。  

 

よさこいサミット実施

よさこいサミット   

香川にはよさこいや各お祭りを愛するチームがたくさんあります。各々チームが力をあわせより楽しくお祭りを盛上げることが出来るよう、懇親会を実施しています。それが「よさこいサミット」です。   

 

お喜楽家との交流

お喜楽家との交流

兄弟連のお喜楽家との交流を行っています。合同で飲み会をしたり、踊りを見せ合ったり、それぞれの説明会に参加しあったりします。
2つのチームが手を取り合って、何倍もの価値を生み出しています。